• ホーム
  • ピルはどんな女性でも飲める?

ピルはどんな女性でも飲める?

薬のスプーンを口に入れる女性

今の時代、男性と女性の付き合いの中で深い関係になるということはありうることでもあるのです。
お互いの気持ちを確かめあったりすることができたりしますし、毎日の生活で愛情を注ぐ場面として、とても素敵なものでもあります。
しかし、深い関係になることで妊娠をしてしまう可能性もあるのです。
ですから、避妊をしていくようにしたほうがいいのですが、最近はその方法も多様化しているのです。
男性が自分でつけるコンドームが日本で知られているのですが、一方で女性が自分で飲めるピルも広まりつつあります。
ピルはホルモン剤の入っている薬なので、それによってホルモンバランスを整えることができたりするのです。
生理周期を28日間に安定させて、排卵を抑制するので妊娠をすることがないのです。
とても高い効果のある避妊薬なので、頼りにする人も多いのです。
しかし、ピルも人によって処方してもらうことができない場合があります。
まず一つとして、35歳以上で一日に15本以上の喫煙をしている人には出してもらうことができないのです。
これは喫煙自体に血液を凝固させる作用があったりするために血栓症をさらに進行させる原因になってしまうことがあるからです。
また、妊娠中の人や産後間もない人では服用を避けるべきなのです。
母乳の分泌を悪くすることもあるのです。
また乳がんや子宮がんなどの女性ホルモンに関する病気の人も飲んではいけないのです。
このように、ピルというのはとても便利な避妊薬ですが、誰もが全て無条件に飲むことができるわけではないのです。
ですから、まずは産婦人科などの医療機関を受診して飲むことができるかを確認して、処方してもらうようにするといいでしょう。